折りたためない対策完成

アルミ削り出しのナンバーフレームに取り付けられそうなテールランプの選定

ナンバー灯のところにつけられそうなテールランプの選定します。

これがつかえそうと判断し購入。

裏面は、

なんとか使えそう。

バラしてみると、

センターボルトのみなのでそのままアルミ削り出しフレームのナンバー灯配線穴で取付可能そうです。

しかし、テールランプは作りが雑で安っぽいですね。

取付には、正規の向きと反対向きのため、アルミ削り出しナンバーフレームのフラットバーを外します。

次に取付位置を確認し(折りたたみ時当たらない場所)

フレームに穴開け、

次に、フレームのアーム部分を取付。

最後にナンバーと灯火類を取付し、配線を延長。カバーは前回使用したコルゲートチューブのあまりを流用。

この状態で確認すると純正の反射鏡が見えにくいため、ナンバー固定ボルトで反射鏡を追加。

これで完成、折りたたみも可能になりました。

車に乗せようと思ったら

電動キックボードを車に乗せて持ち運ぼうと思ったら

テールランプやナンバーなどが当たることが判明(今更ですが)

こちらの販売業者は、分かっていたのでしょうか(笑)

至急対策を考えないと・・・

基本は、ナンバーとテールとウィンカーが移設可能な方法です。

いろいろ探してみるとこんなものがありました。

アルミ削り出しのナンバー灯とウィンカーステーナンバー台がセットになっているものです。

削り出しの割に非常に安価で板金ものと変わらないのが魅力ですね。

これを使えるか検討します。

ウィンカーは同じM10取付のため問題なし、もちろんナンバーもOK

テールランプをどう取り付けするか検討が必要です。

本体にもどうやってつけるかも考えないといけませんね。